中小機構 モール活用型 EC マーケティング支援事業募集

海外レポート

フランスFRANCE

1.EC市場の特徴

 フランス政府は2016年に「デジタル共和国法」を公布し、経済・産業及び社会・生活のデジタル化推進を掲げました。また、2024年のパリオリンピックに向け、地下鉄内を含む公共Wi-Fiの整備などにも注力しており、デジタル環境の整備は進みつつあります。
 ECは普及してきているが、近年は成長が緩やかになっています。取り扱われるものは廉価な日用品やギフト需要が中心で、主流な買い物チャネルには至っていません(特にパリ)。

消費傾向

ストーリー性が重要。

 フランス人は廉価なものも高価なものも、製品の背景にあるストーリーや歴史、技術の高度さ等の説明を求める傾向が非常に強い店員とのコミュニケーションを通じて、買い物自体を楽しむ。
 その分、店員には製品知識が必要と考える人が多い。
 ECも商品ごとの専門サイトに細分化されている傾向がある。

配送・物流

比較的に遅延に関しては寛容だが、日数の目安や商品の追跡などの対応をとっておく必要がある。

 フランスは近年まで物流事情が非常に悪かったため、遅延に対しては比較的寛容(サービスレベルに対する期待が低い)である。ただし、事前に何日かかる旨の表示をしておくなど、対策をとっておくことが必要である。

※物流課題について

決済

フランスで普及しているデビットカード「カルト・ブルー」への対応が必須。

 フランスではカルト・ブルーと呼ばれるデビットカード(キャッシュカード、デビットカード、クレジットカードが一体になったカードでフランスで銀行口座を開設する際に発行される)の利用が一般的なため、対応が必須といえる。
 その他クレジットカードや、PayPalなどエスクローアカウントの対応も重要。

※中小機構では、中小企業が抱えるECに関する課題に対応できるパートナーを紹介しています。
https://ec.smrj.go.jp/advice/

2.現地売上上位ECモール

①Amazon. fr

開設年 2000年
運営企業 Amazon
URL https://www.amazon.fr/
商品構成 総合
商品数 数億点
会員数 2億900万人(アクティブユーザー)
アクセス数 1,517万/月(ユニークビジター)
出店・出品方法 ウェブサイトから販売者アカウントを作成する
(30日間の無料トライアルあり)
https://services.amazon.fr/services/vendre-sur-internet/comment-ca-marche-pro.html?ref=azfrsoafoo&ld=AZFRSOAFooter
出店費用 0.99ユーロ/取引+品目別手数料(Individual)
39.00ユーロ/月(Professional)
決済(手段、手数料) クレジット/デビットカード、分割(4回)、ギフト券、
Amazon Pay Amazon Business:請求書払い(支払期限30日)、法人クレジットカード、口座引落
物流(配送方法、配送料) 本を含まない25ユーロ以上の注文では無料
本を含む25ユーロ以下の注文は3.99ユーロ
それ以外は1回0.01ユーロ
地方配送等、別途料金設定あり。
https://www.amazon.fr/gp/help/customer/display.html/ref=footer_shiprates/257-2599691-2921818?ie=UTF8&nodeId=548566

②eBay France

運営企業 eBay
URL https://www.ebay.fr/
商品構成 フランス国内の人気カテゴリー
自動車用スペアパーツ、二輪車部品、洋服、家具、ミニチュア自動車
アクセス数 587万/月(ユニークビジター数)
出店費用 19.95/月(eBay store)
出品手数料:0.15~0.35/
決済(手段、手数料) PayPal、クレジットカード、デビットカード
顧客・出店者対応(コールセンター、クレーム対応等) 対応窓口あり

③Rakuten France(旧Price Minister)

開設年 2000年(2010年楽天が子会社化)
運営企業 Rakuten
URL http://www.priceminister.com/
商品構成 電化製品、ハイテク製品、メディア、本、ゲーム等
商品数 4,000万点
出店数 4,500店舗
会員数 Price Club 70万社
アクセス数 600万~700万/月(ユニークビジター数)
流通総額 推定3億ユーロ(年間)
(客単価50ユーロ、年間購買回数600万)
出店・出品方法 要問い合わせ
出店費用 2パターンから選択
決済(手段、手数料) クレジットカード、PayPal、分割(3回)払い等
手数料は楽天側で負担
物流(配送方法、配送料) 外部物流業者に委託。送料は各社基準による
プロモーション
(メニュー等)
出店企業が独自に設定可能。
(付与ポイント増加等)
顧客・出店者対応(コールセンター、クレーム対応等) コールセンター、クレーム対応等、アフターサービスは全て楽天側でサポート可能

3.現地代行会社

①Emakina.FR

会社名 Emakina.FR
創業年 2001年
URL https://www.emakina.fr/
事業内容 ○調査・コンサルティング
○Webサイト構築
○デジタルマーケティング等

②Euro Japan Crossing

会社名 Euro Japan Crossing
創業年 2007年
URL http://www.ejcrossing.com/
事業内容 ○展示会運営、輸出入・倉庫、
○楽天フランスへの出店・委託販売

4.越境ECでの購入商品の傾向

●上位は「衣類・アパレル・靴・装飾品」「旅行・旅客」「家電・PC・スマホ等」となっています。

5.日本製品に対するイメージ

  • 「日本」そのものがブランド価値として認識されている。
  • 技術性が高く(機能面を含め)洗練されている。
  • 伝統工芸品や職人の精神・作り方を代々大切にしている。
  • 伝統的なデザイン・モチーフが用いられる一方、モダンかつスタイリッシュなデザインも豊富。
  • 質素かつ無機質な色味も多い一方で、カラフルなものもある。
  • 繊細過ぎ・凝り過ぎて実用的でないがギフトに向いている。

<越境ECに関する各種専門家の掲載サイト>
越境ECに関してお困りの方は、EC活用支援ポータルサイト【ebiz】よりご相談ください。
・中小企業のためのEC活用支援ポータルサイト【ebiz】
https://ec.smrj.go.jp/advice/

〇越境EC 出店代行・サポート
・株式会社コンパスポイント
https://compass-point.co.jp/
・エスプールロジスティクス
https://logi.spool.co.jp/
・株式会社プリンシプル
https://www.free-principle.jp/
・ジェイグラブ株式会社
https://www.j-grab.co.jp/

〇物流代行・サポート
・株式会社ロケーションズ
http://www.locations.co.jp/
・富士物流株式会社※ヨーロッパでの在庫保管をお考えの方
https://www.fujibuturyu.co.jp/service/oversea/europe.html